旧ブログはコチラ

【ブルベ冬ウインター】似合う色に寒色系が多い理由

こんばんは♬

型にはめないパーソナルカラー講師の中村です。

今日はね、何でこんなことをお題にするんだろう???と自分でも思っているんだけどね^^;

なるほど~と妙に納得した記憶があるので、ブログの読者さんにもシェアしたくて^^

イエローベースは暖色系が似合い、
ブルーベースは寒色系が似合う

という無言のルールみたいなものがあるけれど・・・

●暖色系●
赤・橙・黄色などの暖かいイメージの色
●寒色系●
青緑・青・青紫など冷たいイメージの色

どうしてそうなのかって考えたことがありますか?

単純に考えると
イエローベースは黄みを含み、ブルーベースは青みを含んでいるからなんだけど・・・

違う視点から考えてみました^^

それが明度(明るさ)です。

トーン表ってどのトーンも同じ丸いサークルですよね。
こんな感じで↓

でも、本当はこんな同じ丸いサークルではなく、鮮やかなトーンになるほど縦長なんですよ。
ご存知でしたか?

鮮やかなトーンのビビッドトーンでは、

一番明るい「黄色」と一番暗い「青」を比べると

同じトーンなのに「ライトグレー」と「ダークグレー」ぐらいの差がでます。

ブルベ冬ウインターの得意カラーは

  • ブルーベース
  • 暗い色
  • 鮮やかな色

でしたよね。

トーンで言うとこんな感じ↓

暗い色が得意なので【寒色系】が得意になります。

ビビッドトーンに限らず、

どのトーンも暖色系より寒色系の方が暗くなりますが、

特に高彩度のビビッドトーンは明度差が顕著ですね。

「鮮やかになるほど、明度差が大きくなる」ということは知っていたことだけど、自分で実際トーン表を作ってみると「なるほど~」と納得しました。

こんな内容をInstagramのリールに何と30秒ほどで収めましたので、ぜひ観ていただけると中村泣いて喜びます♡

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

ライン@(ライン公式)のお友達募集中です。

●お友達登録特典●
その時々で違いますが、お役立ちプレゼント(PDF)をご用意しています。
今はこちら↓
【似合う・似合わないの見え方辞典】

下記よりご登録宜しくお願い致します。

よかったらシェアしてね!

コメントはこちら♪

コメントする

目次
閉じる