旧ブログはコチラ

【ゴージャス秋】を見落とすな!

こんにちは♡

師走に入りましたね。

今年最後の月ということで、今年中にやりたいことがたくさんあって 気持ちだけ焦っちゃって・・・という方も多いのではないでしょうか?

私もその一人なんだけどね^^;

でも年が明けてしまうと「まっいいか」なんて思ってしまうんですよね。

では,、本日のblogスタートでございます^^

最近やたらと多い、「イエベ春」と診断された実は「イエベ秋」

先日のお客様もそうだったし、どこかの偉いカラーの先生の診断もそうだった・・・(名誉の為、お名前は伏せておきます)

なぜこんなミスをしてしまうのか・・・

この場合の「イエベ秋」は「イエベ春」とよく似ているからなんです。

ん?
わかりづらいと思うので、ちょっと説明させていただきますね。

まず「イエベ秋」には2種類あることを覚えてね!

先ず一つ目の「イエベ秋」は【MUJI秋】

名前の通り、無印良品のような淡くてナチュラルな色が似合う秋です。

こんな感じのソフトで優しいイメージの方です↓↓↓

トーンだと「ライトグレイッシュトーン」や「ソフトトーン」という優しいニュアンストーンが似合うタイプです。

だから、なかなか「イエベ秋」と診断してもらえず悩むタイプですね。

「MUJI秋」についてはまたblogで詳しくお伝えしますね。

そして、二つ目の今回主役の【ゴージャス秋】

なんか難しそうだけど心配ご無用でございます。通常の「イエベ秋」のことです。

紅葉カラーが似合う大人の雰囲気が漂う方ですね↓↓↓

なぜ【ゴージャス秋】なのか?

それは【MUJI秋】に比べると、鮮やかな色の領域が似合うからですよ。

似合うトーンは「ストロングトーン」や「ディープトーン」「ダルトーン」と言った大人っぽいトーンが似合います。

濃くて強い色が似合うので、春と間違えられやすいのです^^;

では、どんな「イエベ春」と間違えられやすいのでしょう?

それは同じ高彩度域が似合う「イエベ春」です。

16タイプで言うと「vivid-sp」「warm-sp」ぐらいかな。

「ビビッドトーン」「ブライトトーン」などの高彩度域が似合う「イエベ春」ですね。

こんな感じの方ですね↓↓↓この方は完全なイエベ春ですよ。

同じ高彩度が似合うんだから、大した差はないんじゃないの?と思われるかもしれませんが、これがもう大違いでございます(>_<)

もう天と地の差があります!

「ゴージャス秋」と「イエベ春」の色を比べてみると、似ているようで何か違いますよね。

だから例えばもしも・・・ですよ。
「ゴージャス秋」の人が「イエベ春」カラーのお洋服を着ると

  • 垢抜けない
  • 若作りに見える
  • イタイ人に見える
  • 頑張ってもオシャレに見えない

という,

こんな恐ろしい結末が待っているのです(>_<)

キャ~~~ッ

「ゴージャス秋」と「イエベ春」の違いは

  • クリアカラーが似合うのが「イエベ春」
  • クリアカラーが辛すぎるのが「ゴージャス秋」

お肌も

  • 肉厚がなく血色感を感じるのが「イエベ春」
  • 肉厚があり血色感を感じないのが「ゴージャス秋」

このちょっとの違いのように見えることが

大きな違いになって跳ね返ってくるのです💦

先日も30年間「イエベ春」と信じてた人が「ゴージャス秋」でした・・・

何か垢抜けないな・・・
年齢のせい?

と思っていたそうです^^;

だからね、

カラーリストのお仕事って責任重大というか、いい加減な診断は出来ないなと思うんですよね。

私もカラーリストを育てる身なので しっかりと診断できるカラーリストを育てていかないと!と思いました。

イエローベースの高彩度域が似合うから「イエベ春」という容易な診断はしないで、

  • 高彩度域でも「濁色」(ストロングトーン)は得意なのか?
    *ストロングトーンが似合うのが「ゴージャス秋」だけ
  • 高彩度域でも「暗清色」(ディープトーン)は得意なのか
  • 「クリアカラー」は得意なのか?
  • パステルカラーは得意なのか?
    *「ゴージャス秋」はパステルカラーは苦手です💦

など、しっかりと検証して最終結果を出してくださいね。

あなたの診断で お客様をオシャレに見せるか、その反対に見せるか かかっています!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました💖

よかったらシェアしてね!

コメントはこちら♪

コメントする

目次
閉じる