旧ブログはコチラ

4シーズン別、似合わせテクニック~白Tシャツ編~

目次

パーソナルカラー、私の考え方

パーソナルカラー診断は
「似合う色を知るためのもの」
きっとそう思っている人がほとんどだと思います。

私も最近までは普通にそう思ってました。

でもね、最近は、


「ん?待てよ待てよ。
パーソナルカラー診断って
似合う色よりも似合わない苦手カラーを
知る方が大切じゃないのかな?」

と感じるようになってきたんです^^;

似合う色を知っても
似合う色が簡単に見つけられるはずもなく、
運良く見つかったとしても
デザインイマイチ・・・
だから結局何も買わないで帰ってきた・・・

こんな経験、
皆さんもあるあるではないでしょうか?

実は私のお客様も
「何も買えなかった~~~」と(涙)

それならば
似合う色を一生懸命探す時間を
似合わせの工夫を考える時間にすればいいやん💗と思ったのです。

似合う色が人それぞれ違うということは
似合わない苦手カラーも人それぞれ違うということ。

だからやっぱり
パーソナルカラー診断が
大切なことは変わりありませんよ^^

では、今から真っ白な白Tを着ると


人からどう見えるのか?
だからどんな工夫が必要なのか

をパーソナルカラーの
4シーズン別にお伝えしますね。

この「だから◯◯◯」が大切です。

本当は4シーズンに当てはめたくないんだけど
4シーズンの方がわかりやすいと思うので(笑)

あっそうそう
その前に真っ白ってどんな色かお伝えしますね。
これを知らないと工夫ができないやんね(苦笑)

【真っ白】について

✔学生服のカッターみたいな青みのある白
✔ブルーベース
✔明るい色
✔スッキリした色
✔無彩色
✔winterさんに似合う色

spring(イエベ春)の似合わせテク

では、わかりやすいように
springの似合う特徴と真っ白の特徴を比較してみます。

springの似合うの特徴真っ白の特徴
イエベブルベ
明るい明るい
鮮やか無彩色
スッキリスッキリ
アンダーラインの項目が違うところ

もともと【白】という色が無彩色なので
ここはさておき、

【イエベ】の暖かみのある色が似合う人が
【ブルベ】の冷たさを感じる色を使ったときに
どう見えるかを考えたらいいの。

それから
【だから】を考えるとわかりやすいですよ。
例えばこんな感じです。

springさんの元気で可愛いイメージは
暖かみのある血色感のある、
イエローベースのお肌から生まれています。

だから100%完璧でなくても
少しでもそこに近づけると
いい感じで似合ってしまうのです♡

summer(ブルベ夏)の似合わせテク

summerの似合うの特徴真っ白の特徴
ブルベブルベ
明るい明るい
濁色無彩色
穏やかスッキリ
アンダーラインの項目が違うところ

もともと【白】という色が無彩色なので
ここはさておき、

【穏やか】で優しい色が似合う人が
【スッキリ】した色を使うとどう見えるかを考えてね。

summerさんの
エレガントで優しい雰囲気にするには
どうすればいいんだろう・・・ですよ。

summerさんの
優しいエレガントなイメージは
透明感のあるお肌と
穏やかなお顔のパーツお肌で作られています。

だから100%完璧でなくても
少しでもそこに近づけると
いい感じで似合ってしまうのです♡

autumn(イエベ秋)の似合わせテク

autumnの似合うの特徴真っ白の特徴
イエベブルベ
暗い明るい
濁色無彩色
穏やかスッキリ
アンダーラインの項目が違うところ

もともと【白】という色が無彩色なので
ここは無視しても、、、
何と全部が真逆~~~なのです!

そうなんです!!
この真っ白が一番苦手なのは
何を隠そうautumnさんなのです^^;

真っ白を着ると
「もったいな~~~い」と叫びたくなるけれど

いえいえ全然大丈夫です(^^)v

工夫の仕方はあるので安心してください♡
こんな感じで
お洋服側に重みをつけると
バランスが取れますよ。

autumnさんの落ち着きのある大人感は
しっかりとしたそれぞれのパーツの質感や
イエローベースの足し算効果で作られています。

だから100%完璧でなくても
軽く見え過ぎるまっ白に重みをあげると
いい感じで似合ってしまうのです♡

winter(ブルベ冬)の似合わせテク

winterの似合うの特徴真っ白の特徴
ブルベブルベ
明るい/暗い明るい
鮮やか/無彩色無彩色
スッキリスッキリ
アンダーラインの項目が違うところ

はじめにお伝えしましたが
真っ白はwinterカラーなので
似合わせなくても勝手に似合います♡

本当に不思議なぐらい
他のタイプの人が悪戦苦闘しているのに
winterさんだけは
何もしなくても真っ白を当てただけで
キラキラ星が出てきます。

より一層【ぽさ】を狙うなら
一つだけアクセサリーなどの
アクセントをつけるといいと思います。
ゴチャゴチャはダメよ!!
一つだけがまたいいのよ(^^)v

まとめ

いかがでしたか?

人からどう見えるのか?
だからどんな工夫が必要なのか

この流れで似合わせテクを考えると
わかりやすいですよ。

とはいっても
色の知識がないと
なかなか難しいかもしれませんね^^;

色の基本とパーソナルカラーの基本を
一日で学べる講座も開催しているので
気になる方はこちらをクリックしてくださいね。
カラーリストになりたい方も
こちらの講座が入門講座になるのでぜひ💗

あわせて読みたい
2級認定講座
2級認定講座【こんな講座です】色に興味があるけど・・・どの講座を受けていいかわからないグラデーションカラースケール®に興味あるけど、まだカラーリストになるかどうか決められ...
よかったらシェアしてね!

コメントはこちら♪

コメントする

目次
閉じる