旧ブログはコチラ

16typeカラーリストさんが悩むワケ

こんばんは~♪

グラデーションカラースケール®カラーリスト養成講師の中村です。

グラデーションカラースケール®という【型にはめないパーソナルカラー】が専門ですが、もともとは4シーズンのカラーリストなので パーソナルカラー診断で起こる誤診や不思議を理論で解説しています。

本日は診断に自信のない、16タイプカラーリストさんが診断に自信ができるまでのストーリーを書きたいと思います。

今、診断に自信のないカラーリストさんが もしこのブログを読んで下さっているのなら 参考になるかもしれません。

6月に入ってグラデーションカラースケール®カラーリスト養成講座を主に開催している私ですが、元々カラーリストでスキルアップを目指したいカラーリストにはスキルアップ講座も開催しています。

本日は16タイプのカラーリストさんのスキルアップ講座でした。

16タイプのカラーリストになったけれど、全然診断ができない・・・自信がない・・・わからない・・・

そんな悩みをお持ちで「何とかしたい!!」そんな思いでスキルアップ講座をお申込みくださいました。

スキルアップ講座は全3回、1回が5時間だから全15時間学びます。

完全マンツーマン

何故なら、カラーリストさんによって悩みは違うから・・・

苦手部分を徹底的に解消して、苦手が得意となるのを目指す講座がスキルアップ講座です。

こちらのカラーリストさんにヒアリングすると、どうも「色素&質感チェック」のやり方を理論的に学んでいないみたい^^;

こんな色素があるから〇〇が似合う

こんな質感があるから△△が似合う

というように□□だから◇◇ という方程式ですね。

これはとっても大切な部分で、これをしっかり学んでいないとパーソナルカラー診断はできません。

そして、パーソナルカラー診断は実践がとても大切だけど、むやみやたらに診断練習しても無駄なだけです^^;

講師のいないところで、わからない者同士で診断練習しても、ごめんなさい、無駄です^^;

まぁ、ドレーピングの練習には なるかもですが・・・。

実践が大切だからと【色彩学】も ろくに教えていないスクールさんがあるらしいけれど、これもいかがなものか・・・と思います。

色彩学が全くわからないカラーリストさん、今とっても悩んでいらっしゃいます。

カラーリストとして仕事をしているのに、色の三属性もわからない、トーンの意味もわからない・・・

お客様に色の意味が説明できないと悩んでいるのです。

だからスキルアップ講座の第1回目は色彩学を徹底的にやり、色素&質感チェックのやり方も徹底的に教えました。

そしたら生徒さん、何て言ったと思いますか?

「色って面白いんですね!とっても学ぶのが楽しいです!」

理論がわかれば楽しいのです^^

2回目は診断練習です。

実際にモデルさんを呼んでいただき、パソコン越しで診断練習です

これは生徒さんのご要望でした。

16type診断のやり方での診断練習です。

その前にしっかりと「色素&質感チェック」をして、モデルさんの4シーズンでのタイプを予測します。

モデルさんは「ウインター」or「オータム」の予測

  • 色黒さん
  • 血色感なし
  • 肌つや
  • 肌色はイエベかブルベは微妙
  • 髪は黒い
  • しっかりして多い髪
  • ツヤ感のある髪
  • コントラストのある強い瞳

ダークカラー、鮮やかな色が似合う素材感満載なので「ウインター」or「オータム」の予測を立てました。

この予測した結果を頭に入れて診断すると、「だからこの色が似合う!!」が見えてくるのです。

16type診断では始めに「シルバー」のドレープと「ゴールド」のドレープで診断して、シルバーが似合えばブルーベース、ゴールドが似合えばイエローベースとなるそうです。

モデルさんはシルバーがスッキリしてとても似合っていたのでブルベさんですね。

はじめに「ウインター」か「オータム」か予測を立てていたので「ウインター」説が急浮上です↑

これからテストカラードレープを色相別に診ていきます。

ピンク➔ウインター
赤➔ウインター
黄➔ウインター
緑➔ウインター
青➔ウインター

全部ウインターカラーが似合っていました!!

つまり「ウインターど真ん中」でアイシーカラー・暗清色・高彩度が似合う人です。

じゃあ今度はモデルさんの似合う色を細かく診断していきます。

これはウインター以外にも似合う色があることを 実践で感じてもらう為に私が提案しました。

160色ドレープを4シーズンに関係なく、「色相別」でまとめます。

「色相別」とは
赤・オレンジ・黄・緑・青・紫・白・ネイビー・ベージュ~茶・グレー~黒 です。

これをすることによって、どんな特性を持った色が似合うかがわかるのです。

こちらのモデルさんの似合う色の特徴は

  • ブルーベース
  • アイシーカラー
  • 暗清色
  • 高彩度色

ということがわかりました。

なぜなら、この特性をもった色ばかり残るからです。

完璧なウインターさんですね^^

選んだ色を一番ステキに似合う「キングカラー」、とっても似合う「ベストカラー」、似合う「ベターカラー」に分けてもらいました。

グラデーションカラースケール®を使わなくても、160色ドレープを全てお客様にあてて診断すれば「型にはめないパーソナルカラー」のような診断はできるかもねーという見本です。

そしてそして、一番重要な16typeでの診断結果は???

1st:ディープウインター

Vivid、Cool、Clear ・・全部が似合い過ぎて迷いましたが Deep-wiに決定!!

じゃあ2ndは???

2nd:ディープオータム

えっ?なんで???

ウインターの方が似合ってるやん!!

私なら2nd:Cool-Wiにするよ。

「先生、16typeには決まりがあって同じシーズンでは2ndは取れないんです・・・」

えーっ、それホント???

だってオータムカラーって全然似合ってないやん・・・

イエローベースを使うと黄ぐすみするし重いよ

似合ってない色をお客様に提示するなんてありえないよ!!

はい!!!
ここなんです。

16typeのカラーリストさんが悩んでいるところが・・・

決まりがあって似合わない色を似合うと言わなきゃいけない

これっておかしいよね^^;

だからお客様にはこう伝えよう!!

「16type診断ではこのような結果になりますが、私の考えではこうです」と。

しっかりとお客様の「色素&質感」を似合う色にリンクさせながら説明すると、お客様もどちらが正解かわかるはず(^^)v

スキルアップの生徒さん、改めて診断をしてみて、腑に落ちない原因がわかったみたいです。

自分の診断が悪いのではなくて、決まりが間違っているのです。

他のシーズンにまたがるお客様もいれば、純粋なお客様もいるし、同じ属性が2ndに来ない場合も多いっていうことですよ。

だからあなたが悩む必要はありません。

こんなことを書くとまた「記事を削除しろ」とお叱りを受けるかもしれませんが・・・^^;

お客様には正確な診断をして、信頼を勝ち取ろう!!

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました♡

よかったらシェアしてね!

コメントはこちら♪

コメントする

目次
閉じる